腕時計には手入れが必要!機械式時計の場合はどうなの?

機械式時計とクォーツ時計

腕時計には機械式時計とクォーツ時計とがあります。それらの違いについて、あまり考えたことがない人も多いでしょう。また、手持ちの腕時計がどちらのタイプなのか、見た目だけではわかりにくいかもしれませんね。
機械式時計は昔から存在するもので、ゼンマイを巻くことで動く仕組みになっています。一方、クォーツ時計は電池を入れておくと、それが切れるまでは動き続けることができます。

機械式時計の特徴とは

機械式時計のゼンマイは手で巻くものと、腕に着けると自動的に巻くものとがあります。いずれにしても、放置しておくと止まってしまいます。極端な話ですが、2日が限度だといわれています。たとえば、土日が休みの場合、月曜日に腕時計を着けると止まっている計算です。そのため、ゼンマイを手で巻くタイプでは、腕時計をつけるときに巻く必要があります。ゼンマイを自動的に巻くタイプは腕につけると動き始めますが、時間が合っているかどうかの確認が不可欠です。

腕時計の維持に掛かる費用は

腕時計を大切に使うためには、日頃から手入れする必要があります。また、きちんと手入れすることで長く使うことも夢ではないでしょう。ちなみに、寿命はクォーツ時計よりも機械式時計のほうが長いといわれています。ただし、そのためのメンテナンス費用が高いことがマイナス面かもしれませんね。

機械式時計が注目されるのは

機械式時計は価格が高いものが多いといわれています。しかし、きちんと手入れすると長持ちするため、愛着が持てるのではないでしょうか。なんらかの記念日に購入した場合、腕時計を見るたびに購入時の感動が蘇ってきます。このような理由から、機械式時計は大切な宝物としても注目されています。

ウブロが多くの人に支持されるのは、クオリティの高さが突出しているからです。見た目の良さだけが理由ではありません。