信頼できるペットショップとは?見分けるための3つのポイント

掃除が行き届いていて清潔感がある

ペットショップにおいて最も大事なのは清潔感です。掃除がきちんと実施されていないということは、販売されているペットの扱いが悪いことを意味します。劣悪な環境下にあるペットは、体調を崩したり精神的なダメージを受けやすいものです。ペットショップに入ったら、まず店内の雰囲気を観察して各所の汚れ具合をチェックします。また、ペットが個別に過ごしているブースの中もチェックしておきましょう。糞尿や食べかけのエサがそのまま放置されていたら要注意です。

ペットの展示方法に配慮が感じられる

まだ幼いペットにとって、不特定多数の人の目にさらされる環境は酷なものです。そのため、良心的なペットショップでは少しでもそのストレスを軽減するために展示方法に工夫が施されています。照明を落としてリラックスできる空間を整えたり、客の目が気にならない位置にブースを設けるなどの配慮がなされているのです。また、購入を決めていない段階で触らせたり抱かせたりしないペットショップも信頼することができます。

ブリーダーの情報がはっきり開示されている

ペットショップでは、いくつかのブリーダーと契約してペットの仕入れが行われています。それに従い、ペットごとに出身地や生年月日が開示されるのです。ペットに関する情報が開示されているということは正規のルートで仕入れが行われていることを意味するため、きちんとしたペットショップである証拠となります。また、ペットの健康にも関わってくるため予防接種の有無が表示されているかどうかも確認しておきましょう。店員さんに気になることを質問した時に、すぐに答えてもらえるようなペットショップも安心です。

ペットショップなら神奈川県にある店舗を利用するのがお勧めです。なぜなら自家用車なしで来店できるところが多いからです。